仮想通貨業界(Web3)の転職に必要なスキルとは?需要のある仕事を8つ紹介

この記事では「仮想通貨業界の転職に必要なスキル」について解説します。

仮想通貨(暗号資産)は、世界中で人気が高まり続けているデジタル通貨です。

特に若い世代や投資家は、仮想通貨を「株式投資をより稼げる」として注目を集めていますよね。

また最近では、個人がネットで商品やサービスを購入するときに仮想通貨が利用できるようになっています。

このように仮想通貨によって「お金の変革が行われる」として世界中が注目しており、仮想通貨含んだ「暗号資産」に関係するの仕事は年々急増。

ねこいん

Google、Apple、Amazonなどの大企業も仮想通貨やブロックチェーン技術者の募集をしているほどです。

そんな変革が行われている中、日本でも「仮想通貨の業界で働きたい」と思う人は多いはず!

そこで本記事では「仮想通貨業界の仕事に必要なスキル」や「需要がある仕事」をわかりやすくご紹介します。

仮想通貨業界に転職(就職)を考えている方はぜひご覧ください。

目次

仮想通貨の仕事に必要なスキルとは?

仮想通貨業界のキャリアを歩もうとしている方は、まず投資やNFTなどデジタル通貨に関わる経験を持っている必要があります。

まだ触れていない方はコインチェックなどで仮想通貨を購入してNFTを1つ買うだけでも考え方や印象が変わるでしょう。

また「英語のスキル」は少なくとも読み書きできるレベルが必要です。翻訳ソフトを使ってなんとか仕事をしている人もいますが、あって損はありません。

ビジネス英語を学びたい方はビズメイツがおすすめですよ。

あったら望ましい技術スキル

あったら望ましい技術スキルとしては以下の通り。

  • ソフトウェア開発
  • インフラ構築

ソフトやハードのスキルを熟知している人材は、仮想通貨業界において非常に重宝されます。

また「目を引くスキル」としては次のスキルが上げられます。

  • ブロックチェーンの開発
  • コーディング
  • JavaScriptやPythonなどのプログラミングスキル
  • Solidityなどを使用したスマートコントラクト実装経験
  • ウェブ開発
  • データの処理に使用されるアルゴリズムの知識
  • 暗号化の技術

上記のようなITスキルを持っていれば、即戦力として扱われることは間違いないでしょう。

必須の社会性スキル

人間性や社会性として次の能力は必須です。

  • 情報収集能力
  • 問題解決能力
  • コラボレーションスキル(協同の能力)
  • コミュニケーション能力

変化の激しい仮想通貨業界では、「情報収集能力」「問題解決能力」は、どの場面でも必要になります。

またチームとして活動するうえで「協同して仕事をこなせる」ことや、難しいことをわかりやすく伝える「コミュニケーション能力」は必要不可欠です。

仮想通貨業界で人気のある仕事8つ

2022年現在で募集されている求人票を元に調査した結果、現時点で人気のある仮想通貨の仕事は以下の8つでした。

  1. 事業開発担当者
  2. 企業会計士
  3. 仮想通貨アナリスト
  4. ブロックチェーンセキュリティ技術者
  5. ソフトウェアエンジニア
  6. AIエンジニア
  7. マーケティングマネージャー
  8. テクニカルライター

それぞれ詳しく解説します。

事業開発担当者

事業開発者の業務は新しい事業を開発して企業全体を成長させる仕事です。

顧客の課題を解決する商品やサービスを作るだけでなく、プロモーションを考えたり、キャッシュフローなどの財務面の管理、人材の配置などの戦略も練る必要があります。

そんな事業開発者に必要なスキルは次の通りです。

必要なスキル
  • 営業経験
  • コミュニケーション能力
  • 財務またはマーケティングの経験
  • 仮想通貨市場に関する深い知識

企業会計士

仮想通貨会社にとって財務や税務申告といった業務ができる「会計士」は必要不可欠です。

ベンチャー企業の場合は「請求書の発行」や「支払い処理」などの買掛金業務に加え、「決算報告書の作成」も行う場合があります。

もちろん会計だけではなく、仮想通貨の知識も必要です。

公認会計士を持っていればより重宝されるでしょう。公認会計士について興味のある方はこちらをご覧ください。

企業会計士に必要なスキルは次の通りです。

必要なスキル
  • 会計の深い知識
  • 分析力と思考力
  • コミュニケーション能力
  • 仮想通貨市場に関する深い知識

仮想通貨アナリスト

仮想通貨アナリストは、特定の仮想通貨と仮想通貨市場全体の価格設定、需要、傾向、取引量などを調べて予測する仕事です。

未経験でも小さなスタートアップ企業なら人材を募集している企業もあります。

経験者の場合は経済の知識、財務の知識のほか、マーケティングも理解している必要があるポジションです。

仮想通貨アナリストに必要なスキルは次の通り。

必要なスキル
  • 調査・分析スキル
  • 実用的な情報を利害関係者に提示する能力
  • 豊富な仮想通貨の知識
  • 思考能力

ブロックチェーンセキュリティ技術者

ブロックチェーンセキュリティ技術者は業界では最も重要で、需要のあるポジションです。

セキュリティに配慮したシステム設計・運用、未然にサイバー攻撃を防ぐための調査や対策などを行います。

特にブロックチェーンのセキュリティ技術者は、人のお金を取り扱う仕事になるため高度な知識が必要になるポジションです。

CODEGYM ISAのような本気のスクールで学んでから転職を考えるのもありでしょう。

セキュリティ技術者に必要なスキルは次の通り。

必要なスキル
  • 暗号化と認証に関する知識
  • Windows、macOS、Android、iOSなどの様々なOSに関する知識
  • 分析能力
  • 細部への注意能力
  • コミュニケーション能力

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアは、仮想通貨取引を処理するアプリ開発や保守が主な仕事です。

仮想通貨で使用されるプログラミング言語の理解やアルゴリズムの設計能力が必要になります。

ソフトウェアエンジニアに必要なスキルは次の通りです。

必要なスキル
  • Solidityなどのプログラミングスキル
  • アルゴリズム設計能力
  • コミュニケーション能力

AIエンジニア

AIエンジニアは、仮想通貨交換を保護するためのセキュリティアルゴリズムを含む「AIアルゴリズムの開発」と「プログラミング」を担当します。

実際、仮想通貨取引所の「Coinbase」では、AIの機械学習を使用してサイバー攻撃を防いでいます。今やセキュリティにAIが使われることは当たり前になりつつあるのです。

またAIエンジニアは、投資家の行動分析や相場動向などのAI開発も行います。

AIエンジニアの需要は高いため今から学んでも遅くはありません。20代以下であればスタートラボのような未経験専門のスクールで学ぶものありです。

AIエンジニアに必要な経験は次の通りです。

必要なスキル
  • Pythonを含むプログラミングスキル
  • 確率・統計・線形代数などの数学の知識
  • AIトレンドの開発に関する理解
  • ロボット工学の知識

マーケティングマネージャー

仮想通貨会社のマーケティングマネージャーは、仮想通貨の需要と供給の分析をする仕事です。

「商品を売るプロ」として市場を開拓していきます。

マーケティングマネージャーになるには広告や販売の経験のほか、仮想通貨に関する豊富な知識と企画力などが必要です。

マーケティングマネージャーに必要なスキルは次の通り。

必要なスキル
  • 仮想通貨とブロックチェーンの市場分析能力
  • 優れた創造性
  • コミュニケーションと分析スキル
  • 計画力・組織力

テクニカルライター(専門技術ライター)

新しい仮想通貨を発行する際は、投資家向けに20〜50ページのホワイトペーパー(報告書・参考資料)を作成するのが一般的です。

ホワイトペーパーには通貨の内容や、マーケティング計画についての説明を記載が必要されており、作成には仮想通貨の知識とライティングスキルが必要になってきます。

テクニカルライターはホワイトペーパーの作成に加え、マニュアル作成やFAQ、開発者向けドキュメント、その他のコンテンツの作成と幅広く業務を任されるポジションです。

テクニカルライターに必要なスキルは次の通り。

必要なスキル
  • 仮想通貨に関する豊富な知識
  • 優れたライティングスキル
  • 幅広いコンテンツ作成能力

仮想通貨業界のおすすめ求人サイト

次は仮想通貨業界のおすすめ求人サイトを3つご紹介します。

  1. withB
  2. doda
  3. Green

withB

withB

WithBは暗号資産・ブロックチェーンに特化した求人サイトです。

おそらく日本で唯一の暗号資産に特化した求人サイトだと思います。

ベンチャー企業が中心で「暗号資産・ブロックチェーン業界を盛り上げたい」という方におすすめです。

doda

dodaは大手転職サイトの一つです。

仮想通貨関連では「bitbank」や「BITPOINT」など、大手仮想通貨取引所の求人情報が多く掲載されています。

安定した高い年収を狙いたい方におすすめです。

Green

GreenはIT・Web業界に強い転職サイトです。

仮想通貨業界でもエンジニアの求人が多く、エンジニアの方におすすめの転職サイトです。

今後の仮想通貨業界

仮想通貨業界はまだ発展途上ですが、需要は高まる一方です。

どの求人サイトを見ても、仮想通貨とブロックチェーンの求人が劇的に増加していることが伺えます。

新しい市場であるため、雇用主からすれば仮想通貨市場に精通しているだけでなく、金融やマーケティングの経験を持つ人を優遇するでしょう。

仮想通貨業界でキャリアを形成したい人にとっては将来明るいように見えますが、仮想通貨の価格が急落した場合は仕事はなくなる可能性があります。

仮想通貨とブロックチェーン業界が市場の不安な時期を乗り切ることができるかどうかが今後のポイントです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる