メタバースの土地(LAND)を購入する3つの方法|土地購入者が実体験で解説

知りタイ

メタバースの土地ってどうやって購入するんですか?

ねこいん

そんな悩みにお答えします。

今回はこんな悩みを解決できる記事を用意しました!

この記事で紹介する「メタバースの土地を購入する3つの方法」のどれかを実践すれば、初心者でもメタバースの土地を購入できますよ!

なぜなら、完全初心者だった私が実際にメタバースの土地を購入した経験があるからです。

私が所有している土地

記事前半では「メタバースの土地を購入するメリット」について、後半では「メタバースの土地の購入方法」を解説するので、ぜひ参考にしてくださいね!

すぐにメタバースの土地を購入する方法について知りたい方は、「メタバースの土地を購入する3つの方法」へどうぞ!

このサイトは特定の仮想通貨を推奨したり、投資を進めたりはしません。
投資は自己責任でお願いします。

目次

メタバースの土地(LAND)とは?

「メタバースの土地(LAND)」とは、簡単にいうと「仮想の土地」です。

現在は下記の図のように企業や個人がメタバースの土地を所有しています。

出典:The Sandbox

「仮想の土地になんの意味があるの?」と思ったかもしれませんが、ここを理解するにはまず「今後のメタバース」を知る必要があります。

今後のメタバース

今後のメタバース(仮想空間)は会議や買い物、スポーツなど現実世界と同じことができるようになると予想されています。

facebook社がMeta社に社名を変更した理由は、メタバースと現実世界を繋げるビジネスをするためです。

参考までにMeta社とNewsPicksの動画をご覧ください。

なんとなく今後のメタバースの展開がつかめましたか?

ここまでで「そもそもゴーグルをつけていたら何もできないじゃないか」と思うかもしれませんが、将来ゴーグルをつけているとは限りません。

技術は進化しているので、VRメガネが登場してもおかしくないですよね。メガネでVRが楽しめればメタバースが発展するのは間違いないでしょう。

そして今後のメタバースに欠かせないのが「NFT」です。

メタバースの土地はNFTである

NFTとは「所有権を持ったデータ」です。

ブロックチェーンという技術によって「このデータは〇〇さんのもの」と証明ができるようになりました。

そして、メタバースの土地はNFTでできています。つまりメタバースの中で「ここの空間はあなたのものです」と証明されているんですね。

そうなると、メタバース内で建物を建てたり、ゲームを作ったりできる権利は「土地所有者にある」ということになります。

「じゃあ土地を購入する意味はメタバースで遊ぶためなの?」と思うかもしれませんが、それは違います。

ではメタバースの土地を購入することでどんなメリットがあるのでしょうか。次で解説します。

メタバースの土地(LAND)を購入する意味とは?

メタバースの土地を購入するメリットは以下の2つです。

  1. 不動産投資
  2. 土地の活用

それぞれ解説しますね。

不動産投資

NFTであるメタバースの土地は売買が可能です。

現在も多くのNFTマーケットプレイスで土地が売買されています。

また、今後は土地を他のユーザーに貸し出して「不動産収入を得ることも可能」になってくるでしょう。

仮想の土地で不労所得を得られる可能性があります。

土地の活用

所有している土地を活用して以下のようなことが可能です。

  • イベントの開催
  • 店舗ビジネス
  • ゲーム開発

イベントの開催

音楽イベントやスポーツイベントを開催することで人を集めることができれば、「広告収入を得る」ことができるかもしれません。

人が集まるところに広告を出したいのはどの企業も同じです。

メタバースが発展すればネット広告がメタバース上に登場してくるでしょう。

店舗ビジネス

メタバースをECサイトのように使える可能性があります。

たとえばメタバースにアパレルショップを開き、服の画像を展示して気に入った服があればその場で注文できるなどです。

このように自社製品を持ったブランドはメタバースで広告ができるため、adidas(アディダス)のようなブランドが土地を購入しているわけです。

アディダスのメタバースの土地

出典:The Sandbox

ゲーム開発

メタバースのプラットフォームによっては自分でゲームを開発をすることができます。

土地を所有していれば無料で自作ゲームが開発できるため、ゲーム開発に乗り出す企業や個人も少なくありません。

ねこいん

メタバースの土地を持っていると新しいビジネスができる可能性があるということです。

メタバースの土地(LAND)を購入する3つの方法

本題の前に、「仮想通貨」とメタマスクなどの「ウォレット」の準備はできていますか?

メタバースの土地を購入するには仮想通貨とウォレットが必要です。

まだ仮想通貨取引所の口座をお持ちでない方はコインチェックなどの取引所で口座開設をしましょう。

詳しい手順は下記の記事をご覧ください。

メタマスクについては下記の記事で解説しています。

さて、ここからが本題です。

メタバースの土地を購入する方法は3つあります。

  1. NFTのマーケットプレイスで購入
  2. 運営から直接購入
  3. 土地保有者に直接交渉

それぞれ詳しく解説しますね。

①NFTのマーケットプレイスで購入

NFTマーケットプレイスとはNFTの販売所です。

たとえば「コインチェックNFT」「Opensea」などがあります。

手軽に購入するなら「コインチェックNFT」です。コインチェックの口座開設をするだけで購入ができます。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

ねこいん

ただし、コインチェックで売っている「The Sundbox」の土地は現在高額で取引されています。資金に余裕がある方におすすめです。

②運営から直接購入

メタバースの土地は本来、運営から直接購入するものです。

注目するメタバースの情報を追っていれば土地の販売時期が公表され、直接購入することができます。

価格はNFTマーケットプレイスで購入するよりもはるかに安いです。

ちなみに私は運営(Pavia)から直接土地を購入しました。

その時注意していた点は以下の通りです。

  • TwitterとDiscordで毎日情報を収集
  • あらかじめ仮想通貨を多めに買っておく
  • ウォレットを事前に用意する

とくに「あらかじめ仮想通貨を多めに買っておく」ことがポイントです。

購入できるタイミングで仮想通貨がなかったら意味がないですからね。

また運営から直接購入するにはウォレットが必要です。事前に準備必要なウォレットを準備しておきましょう。

③土地保有者に直接交渉

土地保有者にDMを送って直接売ってもらう方法もあります。

人によってはNFTマーケットプレイスより安く売ってくれるでしょう。

ただし詐欺に遭う可能性があります。購入の際は十分に注意してください。

土地(LAND)が買えるメタバース

最後に土地が買えるメタバースを3つご紹介します。

  1. The Sandbox(ザ・サンドボックス)
  2. Decentraland(ディセントラランド)
  3. Pavia(パヴィア)

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

ブロックチェーン:イーサリアム
仮想通貨:SAND
ウォレット:メタマスク

The Sandboxはソフトバンクが投資しているイーサリアムブロックチェーン上のメタバースゲームです。

土地の売買のほかに、ユーザーが無料ツールを使ってゲーム内で利用できるオリジナルのアイテムやキャラクター、建物などを自作して販売することもできます。

すべてがボクセル(ブロック)で作られており、レゴ感覚で作成できるため、初心者でも簡単にオリジナル作品を作るができます。

土地は「コインチェックNFT」または「OpenSea」で仮想通貨のETHを使って購入できます。

参考動画

Decentraland(ディセントラランド)

ブロックチェーン:イーサリアム
仮想通貨:MANA
ウォレット:メタマスク

Decentralandはイーサリアムブロックチェーンを使ったVR対応のメタバースです。

VRでメタバースの世界を探検できるため、臨場感のあるメタバースを楽しめます。

The Sandbox同様、アイテムやキャラクター、建物などを自作してNFTとして販売も可能です。

土地はDecentralandのマーケットプレイスで購入できます。

参考動画

Pavia(パヴィア)

ブロックチェーン:カルダノ
仮想通貨:PAVIA
ウォレット:YOROI、NAMI

Paviaはカルダノブロックチェーン上にあるメタバースです。カルダノ(ADAコイン)は日本発祥のコインであるため、日本では非常に人気があります。

Paviaは現実世界と仮想世界をつなげるメタバースを目指しており、どちらかというと大人向けです。

土地は「Opencnft」などで仮想通貨のADAを使って購入ができます。

ねこいん

私はPaviaの土地を2つ持っていますよ

参考動画

まとめ

メタバースの土地を購入する方法は次の3つです。

NFTのマーケットプレイスで購入:手軽に購入ができるが、価格が高い
運営から直接購入:安く購入できるが、情報収集が必要
土地保有者に直接交渉:安く購入できる可能性はあるが、詐欺に注意

どの方法にで購入するにしろ仮想通貨をあらかじめ持っておく必要があります。

ほしいメタバースの土地があったら購入できるコインを確認し、仮想通貨を購入しましょう。

日本の取引所だと、ETHを購入される方は「コインチェック」。ADAを購入される方は「ピットポイント」がおすすめです。

ビットポイントは下記URLから紹介コードを入力して口座開設をすると最大1,500円分の仮想通貨が無料でもらえますよ!参考

URL:https://www.bitpoint.co.jp/lp/referral/?invitationCd=VJZIPWGPRE&afid=PaAKUxGd&argument=E4y65Xyx&dmai=a60e69a5d44eea
紹介コード:VJZIPWGPRE

以上、参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる