【図解あり】仮想通貨とは?初心者にわかりやすく超簡単に解説

知りタイ

仮想通貨ってなんですか?
知りタイです

このように「そもそも仮想通貨って何」と疑問に思っていませんか?

中には「怪しいもの」と思っている方もいるでしょう。

しかし仮想通貨は決して怪しいものではありません。

仮想通貨は「新しいテクノロジー」です。

仕組みや現状を理解すれば仮想通貨がもたらす未来に気づけるはず。

今回はそんな仮想通貨について初心者でもわかりやすく解説します。

この記事でわかること
  • そもそも仮想通貨とは
  • 暗号資産・電子マネー・ビットコインの違い
  • なぜ価格がつくのか
  • 仮想通貨の何がすごいのか

この記事は投資を促したり、特定の仮想通貨を推奨するものではありません。

目次

仮想通貨とは

仮想通貨とは

仮想通貨とは「国が発行していないデジタル通貨」です。一方、国が発行している通貨を「法定通貨」と言います。

そもそも仮想とは「実際にないもの」という意味ですよね。

そして通貨とは「交換という能力を持ったもの」です。
たとえば100円はジュースと交換できるという能力を持っています。

仮想通貨は100円などと同じで「交換」できる効果があるのです。

つまり仮想通貨は「物と交換できるデータ」と言っていいでしょう。

暗号資産との違い

仮想通貨と検索すると「暗号資産」という言葉を目にする機会があると思います。

理由は「仮想通貨=暗号資産」だからです。

実は数年前に法律が変わって「仮想通貨を暗号資産と呼びましょう」となりました。

「暗号資産」に変更した理由は「通貨にしては価格変動が大きいから株と同じく『資産』として扱おう」となったからです。

ねこいん

現状は仮想通貨の方がわかりやすいので、みんな「仮想通貨」と言っています。

仮想通貨=ビットコインではない

よく「仮想通貨ってビットコインのことでしょ」と思っている方がいますが、それは間違いです。

ビットコインは仮想通貨の一つにすぎません。

図に表すと以下の通り。

仮想通貨とビットコインの関係

仮想通貨の中にビットコインの他にもイーサリアム、リップルといったコインが含まれています。

つまり「通貨」の中に円やドル、ユーロのように種類いくつもあるのと同じです。

電子マネーと何が違うの?

ここまでで「PayPayや楽天ポイントのような電子マネーと仮想通貨は何が違うの?」と思った方もいるでしょう。

結論を言うと、電子マネーと仮想通貨は別物です。

大きな違いは「管理者がいるか、いないか」になります。

電子マネーは企業が管理していますよね。

もし管理している企業が倒産すればお金は戻ってきません。
そして使えるのは「加盟店」だけです。

しかし仮想通貨は管理者がいないため、倒産のリスクがありません。

「管理者がいないってどういうこと?」と思った方もいるでしょう。

仮想通貨は全世界のコンピューターが管理しており、管理者がいなくても運用ができます。

この仕組みを「ブロックチェーン」と言います。

電子マネーとブロックチェーンの違い

さらに仮想通貨は加盟店に関係なく、全世界で使えるのも特徴の一つです。

ブロックチェーンの仕組みは下記の記事で詳しく解説しています。あわせてご覧ください。

国が発行していない

仮想通貨は国が発行していません。ブロックチェーンという仕組みの中で発行されています。

発行された仮想通貨はブロックチェーンの中で使うことができ、他のコインや法定通貨との交換も可能です。

たとえば

  • Bブロックチェーンの世界ではゲームをクリアすると「BIT」という仮想通貨がもらえる
  • 「BIT」は仮想通貨取引所で「円」に両替ができる

このようにブロックチェーンの中で発行された仮想通貨は法定通貨(円やドルなど)に両替することもできます。

ブロックチェーン

なぜ仮想通貨に価格がつくの?

なぜ仮想通貨に価格がつくの?

仮想通貨に価格がつく理由は「買いたい人と売りたい人がいる」からです。

たとえば「ビットコインを1万円で買いたい」という人と「ビットコインを1万円で売りたい」という人がいると売買契約が成立します。

そしてビットコインを1万円で買った人は2万円で売りたいと考えます。

このような売買契約が繰り返し行われることで価値が上がっていき、価格が変動します。

なぜ仮想通貨に価格がつくのか

仮想通貨の何がすごいの?

仮想通貨の何がすごいの?

ここまでで「結局、仮想通貨って何がすごいの?」と思われている方もいると思います。

一言でいうと「お金の概念を変えるから」です。

深掘りすると以下の通り。

  • 世界共通の通貨になる
  • 手数料がかからず海外送金ができる
  • 人的ミスがない
  • 強固なセキュリティ

それぞれ解説します。

世界共通の通貨になる

仮想通貨は世界共通で使われるものです。

お金は「円は日本」「アメリカはドル」など国ごとに使えるお金が異なっていました。

しかし仮想通貨はインターネットの世界で使える通貨です。国は関係ありません。

仮想通貨の代表であるビットコインは世界共通のデジタル通貨という存在になりつつあります。

手数料がかからず海外送金ができる

現在は通貨を海外送金した場合、銀行から多額の手数料が引かれていました。

しかし仮想通貨なら国に関係なく個人から個人へ直接送金が可能になります。

海外送金と仮想通貨送金の違い

これは革命的な技術であり、今後世界を金融業界を変えるとも言われています。

人的ミスがない

仮想通貨の取引はすべて自動化されています。

送金する金額や場所は人が指定しますが、その後の手続きは自動化されているため人的ミスで遅れたり、金額を誤ったりすることはありません。

強固なセキュリティ

仮想通貨で用いられているブロックチェーン技術は、世界中から取引が監視されているため不正や誤りがあればすぐに発覚します。

またすべての取引が記録されており、不正な取引はほぼ不可能といっていいでしょう。

仮にブロックチェーンを改ざんすれば仮想通貨の価値がなくなるため、ブロックチェーンが改ざんされる可能性もほぼありません。

仮想通貨を購入するには?

仮想通貨を購入するには?

仮想通貨は「仮想通貨取引所」で購入ができます。

仮想通貨取引所とは法定通貨(円やドル)と仮想通貨を両替できる場所です。

仮想通貨取引所に自分の口座を開設することで取引ができるようになります。

仮想通貨取引所

日本の代表される仮想通貨取引所は以下の2つです。

なんとなく名前を聞いたことがある方もいると思います。

初心者の方が始める場合はこの2つのどちらかで口座開設をしましょう。

中には「口座開設とか怖いし、めんどくさい」と感じる方をもいらっしゃると思いますが、仮想通貨取引所はスマホだけで口座開設ができます。

しかも仮想通貨取引所は金融庁の登録審査を受けて設立された取引所です。

少なくとも日本の取引所は安全な取引所と認識していただいて大丈夫です。

それぞれの口座開設方法については下記の記事で詳しく解説しています。

無料で口座開設ができますので、この機会に開設してみましょう。

仮想通貨はどうやって管理されているの?

想通貨はどうやって管理されているの?

仮想通貨の管理方法は2つあります。

  1. 仮想通貨取引所で管理
  2. ウォレットで管理

仮想通貨取引所で管理

仮想通貨取引所とはビットコインなどの仮想通貨を取引できる場所です。

その仮想通貨取引所に仮想通貨を預けておくことで管理ができます。

ねこいん

銀行口座にお金を預ける感覚ですね。

デメリットとしては仮想通貨取引所が破綻した場合は資産を失う可能性があること。
怪しい取引所に資産を預けておくとリスクが高くなります。

ウォレットで管理

ウォレットとは「財布」のことです。デジタルの財布だと思ってください。

取引所で購入した仮想通貨は自分のウォレットに入れることができます。

デメリットとしては「強力なパスワード(シークレットキー」を忘れると復元できない点です。

業者に問い合わせても教えてくれないので、一生お金が取り出せなくなります。

仮想通貨の危ないところは?

想通貨の危ないところは?

仮想通貨は良いことだけではありません。

仮想通貨の危ないところは以下の3点です。

  1. 取引所がなくなる可能性がある
  2. ウォレットのハッキング被害にあう可能性がある
  3. 価格が暴落する可能性がある

それぞれ解説します。

取引所がなくなる可能性がある

信頼できる取引所ならまだしも、海外の無名な取引所はハッキングや倒産のリスクがあります。

信頼性の高い取引所、もしくは自分のウォレットで仮想通貨を管理しましょう。

ウォレットのハッキング被害にあう可能性がある

仮想通貨のハッキング被害の大半はウォレットのハッキングです。
ウォレットはネットに繋がれているため、ハッキング被害に遭う可能性が高くなります。

パスワードを紙に書いて保管したり、「ハードウェアウォレット」を使ってオフラインで管理したりなど、ハッキング対策は必須です。

ねこいん

財布と同じです。自分のウォレットは自分で守りましょう。

価格が暴落する可能性がある

仮想通貨は価値が変動が大きく、安定しにくいものです。

30万円で買ったビットコインが明日には3円になっていることもあります(逆もあり)

もし購入するなら、なくなっても生活に影響しないお金で購入しましょう。

仮想通貨の将来性

仮想通貨の将来性

仮想通貨の将来性はハッキリ言ってわかりません。

ですが仮想通貨の技術が進化していくことは間違いないでしょう。

中国では仮想通貨の技術を使ってデジタル人民元(デジタル法定通貨)を作ろうとしています。
もはや国が動いているということです。

その他にもNFTやメタバースといった仮想通貨に関連するテクノロジーも次々と出てきており、今後の発展はますます注目されています。

まとめ

仮想通貨は「新しいテクノロジー」です。
まだまだ発展途上で不安定なことろはありますが、この技術はお金の概念を変えてくれるでしょう。

私は仮想通貨(暗号資産)がお金とテクノロジー、そして働き方を変える技術だと思っています。

ぜひこのサイトで 仮想通貨(暗号資産) を学んでください。

わかっタカ

仮想通貨のこと、わかっタカ?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる