【簡単にわかる】ブロックチェーンの仕組み|図解でわかりやすく解説

知りタイ

ブロックチェーンってなんですか?詳しく知りタイです

「ブロックチェーンって何?」と疑問に思っていませんか?

ブロックチェーンは今後さまざまなことに使われる新しい技術です。

しかし仕組みが少し難しいため、素人にはなかなか理解しにくいところがあります。

そこで今回はブロックチェーンをできるだけ噛み砕いて、わかりやすく解説します。

図解で解説していますので、文字が苦手な方でも大丈夫です。

この記事でわかること
  • ブロックチェーンの仕組み
  • ビットコインとブロックチェーンの関係
  • ブロックチェーンが注目されている理由
  • ブロックチェーンを使ったテクノロジー

※このサイトは特定の仮想通貨の購入を推奨することはありません。

目次

ブロックチェーンとは?まずはザックリ解説

ブロックチェーンとは?まずはザックリ解説

まずはブロックチェーンについてザックリと解説します。

ブロックチェーンは一言でいうと「インターネットの新しいインフラ」です。

特徴は次の4つ。

  1. みんなでデータを管理する
  2. 誰でもデータが見れる
  3. データが改ざんできない
  4. 一部が故障しても障害が起きない

このような特徴を持っています。

簡単に言うとブロックチェーンは「クラウド」と対局した関係です。

「クラウド」は外部サーバーでデータを管理し、みんながそのサーバーにアクセスしてデータを更新したり、送受信したりしています。

一方「ブロックチェーン」は、みんながデータを管理している環境でデータを更新したり送受信したりする環境です。

クラウドとブロックチェーン
ねこいん

ブロックチェーンはデータの送受信を記録するネットワークという感じです

ブロックチェーンの仕組み

ブロックチェーンの仕組み

ここからブロックチェーンの仕組みをさらに詳しく解説します。

主な仕組みは次の4つです。

  1. 暗号化技術(詰めて並べる)
  2. コンセンサスアルゴリズム(みんなに確認)
  3. DLT(記録をみんなで共有)
  4. P2P(リーダーがいない)

それぞれ解説します。

暗号化技術(詰めて並べる)

ブロックチェーンではデータを送信する際、情報が見えないように箱に詰めて順番に送っています。

「引っ越し」に例えてみましょう。

引っ越しをする際はダンボールに物を詰めて、梱包して運びますよね。
そして一定量の物を入れたらダンボールを「寝室」「キッチン」「子供部屋」のように順番に並べて運ぶと思います。

ブロックチェーンの原理はこれと同じです。

暗号化技術(詰めて並べる)

このように箱の中身を梱包して見えなくする技術を「暗号化」といい、その箱を1本の鎖のように繋げて運ぶことから「ブロックチェーン」と名づけられています。

コンセンサスアルゴリズム(みんなに確認)

コンセンサスアルゴリズムとは「みんなに確認してもらいましょう」ということです。

「コンセンサス」は日本語で「合意」という意味。

引っ越しで例えるなら「この箱にガラス製品を入れました!」「どれどれ・・・合ってるね!」という感じです。

コンセンサスアルゴリズム(みんなに確認)
ねこいん

もちろん中身は暗号化されています。フタを開けているのはあくまでイメージです。

DLT(記録をみんなで共有)

DLT(分散型台帳技術)は「記録をみんなで共有しましょう」という考え方です。

引っ越しでたとえるなら「その箱に誰が何をいつ入れたのか」という記録が全員に共有されているイメージです。

全員に正しい情報が共有されているため、途中で記録が変わると付き合わせた時に不正がすぐに発見できます。

DLT(記録をみんなで共有)

このようにブロックチェーンではDLTの技術を使うことで、安全にデータを送り合うことができるようになっています。

P2P(リーダーがいない)

P2Pは「リーダーがいない」「対等に繋がっている」という意味です。

現在は「クライアント・サーバー型」といってリーダーがいるネットワークが主流です。これを「中央集権型」といいます。

しかしブロックチェーンではリーダーが存在せず対等に繋がったネットワークです。これを「自律分散型」といいます。

P2P(リーダーがいない)

P2P(自律分散型)は図にみんなが繋がったネットワーク形態になっているため、1か所故障やトラブルが起きても運用し続けられる特徴があります。

ねこいん

ブロックチェーン技術を使うことで個人から個人へ不正なくデータを送る仕組みが作れます。

ビットコインとブロックチェーンの関係

ビットコインとブロックチェーンの関係

ビットコインとブロックチェーンは深い関係にあります。

そもそも、なぜブロックチェーンが普及したのかというと「ブロックチェーンの技術を使えば通貨が作れると言い出した人物がいる」からです。

その人物は「サトシ・ナカモト」という人物で、未だに誰なのか特定されていません。

ビットコインはサトシ・ナカモトにより考案され、そこでブロックチェーンが注目され始めました。

ビットコインの誕生でブロックチェーンが急速に広まり、今では仮想通貨やNFTなど様々な技術に使われています。

ブロックチェーンはビットコインを含む仮想通貨の基盤となっているということです。

ブロックチェーンの位置関係

このようにブロックチェーンの上に仮想通貨があり、仮想通貨の種類の中にビットコインがあります。

ブロックチェーンがなぜ注目されているのか

ブロックチェーンがなぜ注目されているのか

ブロックチェーンはなぜこんなにも注目されているのでしょうか。

その理由は「巨大企業や銀行の独占を崩す可能性がある」技術だからです。

「巨大企業」とはGAFAなどの企業のことです。

GAFAとはGoogle・Amazon・Facebook(Meta)・Appleの4社のことをいいます。

GAFAは様々なサービスを展開する中で世界中の人が依存しなければならない存在になっています。

たとえばGoogleが「明日からYouTubeやめます」と言えば、すべてのYouTuberは路頭に迷いますよね。

このように現在のインターネットでは巨大企業のサービスに依存する形になっています。

しかしブロックチェーンを使えば巨大企業に依存する必要はありません。

なぜなら直接人と人が繋がっており、YouTubeなどのプラットフォームがなくてもコンテンツを提供できるからです。

企業プラットフォームとブロックチェーン

ブロックチェーンがまだ普及しない理由

ブロックチェーンがまだ普及しない理由

ブロックチェーンが「すごい技術」だとなんとなくわかっていただけたでしょうか。

しかしブロックチェーンはまだ普及していません。

その理由は次の通りです。

  • 法律がない
  • 大企業が嫌がっている
  • 仕組みが理解されていない

法律がない

そもそも通貨や権利などは国が法律で統治しているから主張ができています。

しかしブロックチェーンは通貨を発行したり権利を付与したりしても法律では認められていません。

法律を超えるテクノロジーはすぐに採用されないためグレーな部分が多くなっています。

大企業が嫌がっている

GAFAのようなプラットフォームを提供する大企業は、ブロックチェーンが広まることで既得権益を失うことになります。

ブロックチェーンは敵になってしまうため、普及を嫌がる企業は多いでしょう。

しかしFacebookは企業名をMetaに変更するほどメタバースに大きく舵を切りました。

ブロックチェーンによって大企業が企業名や主軸を変えるほど大きな革命が起ころうとしている証拠です。

仕組みが理解されていない

多くの人はブロックチェーンの仕組みをまだ理解していません。

そもそもブロックチェーンの「何が良いのか」「何が悪いのか」が周知されていないため、普及にはまだ時間がかかるでしょう。

しかし仮想通貨やNFTは徐々に認知されているため、仕組みの理解が広まるのは時間の問題です。

ブロックチェーンを使ったテクノロジー

ブロックチェーンを使ったテクノロジー

ブロックチェーンは徐々に浸透し始め、新しいテクノロジーが次々と誕生しています。

2021年12月現在で主なものは以下の通り。

  • 仮想通貨
  • DeFi(ディファイ)
  • NFT
  • メタバース
  • ブロックチェーンゲーム
  • DAO(ダオ)

それぞれ簡単に解説します。

仮想通貨

仮想通貨はご存じの方も多いと思います。

ビットコインやイーサリアム、リップルなどのデジタル通貨です。

仮想通貨取引所で日本円と仮想通貨の交換ができ、ブロックチェーン上で送金が可能です。

また最近ではビットコインで現物が買える取引所もあるので、本物の通貨のように扱えるようになってきています。

仮想通貨をもっと詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

DeFi(ディファイ)

DeFiは「分散型金融」といわれており、仮想通貨をブロックチェーン上に預けることで利息がもらえる仕組みです。

「ブロックチェーン上の銀行」というイメージでしょうか。

DeFiの運営者は預かった仮想通貨を元に流通量を増やしてコインの価値を上げて利益を得ています。

NFT

NFTは「画像データに所有権を持たせる技術」です。

従来は画像データに所有権がないためコピーし放題でした。

しかしブロックチェーンの技術を使えば「画像データに持ち主の証明ができる」ため画像データに価値を持たせることができます。

しかもNFTは誰でも作ることができ、ブロックチェーン上で世界中の人と取引が可能です。

人気のNFTだと億単位の値段がつくことも珍しくありません。

メタバース

メタバースとは「仮想空間」のことです。

「あつまれ どうぶつの森」のように、アバターを作ってインターネット上の空間で交流ができるようになります。

ブロックチェーンを使えばメタバース(仮想空間)の中でお金(仮想通貨)を使ってNFTを買ったり、メタバース内の土地を買ったりなど、仮想空間で所有権を発生させることができます。

またメタバースの美術館で個展を開いたり、音楽ライブが開催されたりなどエンターテインメントの分野でも発展が期待されています。

ブロックチェーンゲーム

ブロックチェーンゲームは簡単にいうと「稼げるゲーム」です。

アイテムやキャラクターがNFTになっており、それを売ることでゲーム内で仮想通貨が手に入ります。

またゲームに勝利したり条件をクリアしたりしても仮想通貨がもらえるため「ゲームで稼げる時代が来る」と期待されています。

DAO(ダオ)

DAO(ダオ)は「自律分散型組織」といわれる仕組みです。

ブロックチェーン上でコミュニティを作って運営していく考え方で、報酬は仮想通貨で支払われます。

たとえば自作したキャラクターを広めるためにアニメを自主的に作ったとします。
その対価として活動に協力してくれた人に対して仮想通貨が支払われるという仕組みです。

DAO(ダオ)が発展すれば「会社組織」とは違った働き方ができると期待されており、海外では急速に広まっています。

DAO(ダオ)

まとめ

ブロックチェーンは一言でいうと「インターネットの新しいインフラ」です。

管理者を介さずにデータを送ることができ、かつ強固なセキュリティが補償されているため急速に広まっています。

ブロックチェーンは今後さらに発展していくことは間違いないでしょう。

わかっタカ

ブロックチェーンは覚えた方がいいぞ。
わかっカタ?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる